「学習と部活動を両方頑張る 新潟県立 村上桜ヶ丘高等学校」

トップイメージトップイメージ

特色ある学校づくりを目指して

校長挨拶

新潟県立村上桜ヶ丘高等学校  校長  北岸 信治  

 村上桜ヶ丘高校のホームページを開いてくださった皆様、有り難うございます。

 本校は、大正2年(1913年)4月に開校し、今年で創立106周年となります。
 創立は普通科から始まり、農業、被服、林業、電気、商業科等、それぞれの時代や地域の要望に応えて、いくつかの学科を設置・改編してきました。一貫して地域に根ざした教育を推進し、名実ともに下越北地区の教育機関としてその役割を果たし、卒業生は地域や産業界の各方面で活躍しています。  平成13年に、総合学科に改編されました。総合学科の高校として、本校は、生徒のキャリア教育(進路学習、職業観・勤労観の育成)を各教科指導の中で有効に進め、身に付けた着実な基礎学力や専門知識を生かして、生徒一人ひとりの適性・能力に応じた進路実現を支援できる学校を目指しています。
 本校では、部活動が大変盛んであり、その活躍は県下に桜ヶ丘高校の名をとどろかせ、活気あふれる高校として歴史と伝統を築いてまいりました。  運動部では、野球部、陸上競技部やバレーボール部や空手道部など多くの部が活躍し、これまで県大会や北信越大会・全国大会などにも出場しています。文化部でも、美術部や写真部、琴部、茶道部、演劇部などがさまざまな大会やイベントなどの校外活動に参加し、校内では学園祭への積極的な参加で学校行事を盛り上げています。
 本校では、このように活発な生徒会活動や部活動を一層充実させて、生徒の高校生活への満足感が得られる学校を目指しています。このため全教職員が一丸となって、きめ細やかな教育活動を展開し、生徒の学力の向上と部活動の振興に努め、確かな学力、豊かな感性、規範意識を持つ生徒を育成しています。  本校は今後とも、「学習と部活動を両方頑張る桜ヶ丘高校」として、生徒・保護者、中学生、そして地域の皆様からも評価される、活力ある学校を目指します。

▲ページの先頭へ戻る▲

copyright (c)  新潟県立 村上桜ケ丘高等学校 All rights reserved.